MENU

PRODUCTION TECHNOLOGY

生産技術
TOP > 事業内容 > 生産技術
BUSINESS

THREE PROCESSES O&k3つのプロセス

お客様のニーズに合わせた強度・線径になるよう、3つのプロセスで加工しています。

01
焼鈍(熱処理)
材料を熱処理し、冷間圧造に適した加工性の良い組織(球状炭化物組織)に変化させるのが焼鈍と呼ばれる工程です。客先でボルト・ナット・ねじなどに加工する時、加工しやすく割れにくい材料に仕上げます。各工場に連続炉、水素炉などの様々な種類の熱処理設備を導入しています。
02
酸洗(表面処理)
自動でワイヤーを薬品の入った水槽に浸漬させ、スケール(表面酸化物)や錆びなどを塩酸で溶解・除去し(酸洗)、「リン酸亜鉛皮膜+リューベ」など、お客様の加工目的に合わせた表面皮膜処理を行います。
03
伸線
圧延された線材は、寸法公差が大きく加工性が悪いため、伸線加工で寸法精度を良くします。入り口は大きく、出口をすぼめたダイス(金型)にワイヤーを通し、伸線機で引抜加工し、決められた直径に仕上げます。全工場に様々な線径に対応した伸線機があり、0.6mm~50.0mmまで、お客様の加工ニーズに幅広く対応しています。

EQUIPMENT INTRODUCTION 設備紹介

私たちは、お客様のニーズにお応えする為に特殊な加工ができる設備を取り揃えています。

MANUFACTURING PROCESS 製造基本工程

素材メーカー
ロッドヤード
ロッド受入検査
圧延スケール除去処理
生地(一次)伸線
焼鈍加工
焼鈍検査
酸洗・化成処理
仕上げ伸線
製品検査
出荷
輸送