MENU

QUALITY MANAGEMENT

品質管理
TOP > 事業内容 > 品質管理
BUSINESS

お客様からの信頼は厳しい品質管理から

お客様が安心して使用できる材料品質を目指して、日夜実施している品質管理をご紹介します。

01
QUALITY MANAGEMENT
受入検査と疵(キズ)取り
製鋼メーカーから搬送される過程で発生する疵は局部的であるため、後工程に流れると発見が困難になります。疵が発見しやすいロッドの段階で目視による疵検査を実施し、疵を除去することで後工程に疵のない状態で送り込みます。
02
QUALITY MANAGEMENT
異材防止・トレーサビリティー
材料の受入から出荷まで、各工程で照合確認を実施していますが、人的ミスを防止するため、バーコードによる照合確認を平行して実施しています。また、材料に貼付する荷札の取り外しを極力しない対策(耐酸・耐熱荷札の使用)も実施しており、異材の発生防止を図っています。
03
QUALITY MANAGEMENT
製品検査
製品の検査では、お客様と取り交わした仕様に適合した製品となっているかを確認します。万一適合していない場合は不合格の状態になり、出荷伝票が発行できません。検査内容は、寸法、偏径差、機械的性質(引張強さ、伸び、絞り、硬さ) 、顕微鏡試験(中間検査で組織、脱浸炭を事前に検査実施)、表面疵検査(磁粉探傷試験、目視による外観確認)等で構成されます。