MENU

作業効率をいかに良くするかを考える

AOYAMA TATSUYA
名古屋工場 焼鈍班
青山 達也2004年入社
TOP > 先輩社員の声 > 青山 達也
炉をコントロールするオペレーター
私の仕事は、炉をコントロールするオペレーターです。私たちの班では、線材を高温に保持した後、徐冷する熱処理(焼きなまし)を担当しています。クレーン作業、線材の積み降ろし、炉への装入から、設備点検や中間検査など業務内容は多岐に渡ります。

私が入社をしたきっかけは、父が勤めており、安定していて良い会社と聞き、紹介してもらった事がきっかけです。

私にとってオーアンドケーという会社は、アットホームで、先輩方が仕事を覚えるまできちんと教えて下さいました。また、作業環境が整っている会社だと思います。
仲間意識を大切に
仕事で大切にしていることは、指差呼称や危険予知など安全第一はもちろんですが、作業効率をいかに良くするか考えることや、班で各持場を助け合い、問題点があれば話し合いをして試行錯誤しながら解決していくなど、仲間意識を大切にしています。難しかったことは、炉のコントロール(ガス調整など)です。

職場の環境や雰囲気ですが、和気あいあい・・・しかし、やる時はやる、とちゃんとケジメをつける部署です。

また私が今までこの職場でこの仕事を続けてこれた理由は、やはり父と家族です。それと、親身になって相談に乗ってもらった兄貴たちが支えてくれたからです。
MESSAGE
志望者へのメッセージ
仕事のやりがいがあり、面倒見の良い会社なので、私たちと一緒により良い職場・作業環境を作り、オーアンドケーを盛り上げていきましょう!